野菜が根から吸収する栄養とは?

 野菜により違う形態の窒素で吸収 

土壌の中には、“有機態窒素”と、野菜が吸収する”無機態窒素”があります。
野菜は、土壌中の有機物(有機肥料、植物残渣、虫の死骸など)が

微生物により分解された無機態窒素を吸収します。
無機態窒素には、“アンモニア態窒素”と“硝酸態窒素”の2種類あります。

“アンモニア態窒素は土壌中にいるアンモニア化成菌などの
微生物によって硝酸態窒素に変化されます。

ほとんどの野菜は、この硝酸態窒素を、根から栄養として吸収します。
吸収された硝酸態窒素は、野菜の体内で アンモニア態窒素に変換され、その後 タンパク質に合成されます。

実は、野菜は、硝酸態窒素での栄養吸収だけでなく、
アンモニア態窒素で栄養を吸収していることが分かってきています。
水稲やレンコンは、水の中で生長します。そういった酸素の少ない還元状態で生育する野菜は、

アンモニア態窒素で栄養を吸収していることが判明しています。